雨の日の過ごし方

/雨の日の過ごし方
雨の日の過ごし方 2018-09-27T19:14:49+00:00

チェックイン

15:00〜18:30

あいにくの雨。憂鬱な気持ちでチェックイン。
テントからエアストリームへのアップグレードを提案された。気分を変えて、盤ゲームを借り、久しぶりにアナログ時間を楽しもう。

雨の日のテント生活がこんなに快適なのは、少し感動。レセプションスペースでゆっくりな時間を過ごすのもGOOD。雨の生音をこんなにしっかり聞くのはいつぶりだろう。

夕食

17:00〜

人生ゲームとUNOを一回ずつ終えたら、夕食の時間。
ホテルでのバイキングという選択肢もあるけれど、アドベンチャー感を味わいたい息子の意見でアウトドアDinner。今日は夫と二人で準備をしてもらおう。
ダウンジャケットとブランケットの貸し出しがあり、防寒対策も万全。

「雨だとBarまでの距離も億劫だから」と、追加ドリンクリストを持ってきてくれた。渡しておけば、夕食回収時にテントへ補充してもらえる雨の日だけの限定サービス。

シャワー/温泉

19:30〜

お風呂はホテルの天然温泉へ。
送迎は通常往復1便ずつ。でも、雨の日は柔軟に対応してくれるみたい。ホテルの配慮が嬉しい。

泉質に満足。帰ったら「雨の日リラクゼーション」でもらったフェイスマスクとホッとアイマスクを試そう。
夫と息子は「休足時間」をチョイス。

就寝

21:30〜

雨でもネイチャーパワーを感じて休もう。ほら、もう寝息が聞こえてる。

起床

5:30〜

貸出のレインウェアを羽織って、小雨のテラスへ。
妙義山の朝日は眺めることができないけれど、雨と雪が荒々しい岩肌を強調して山水画のよう。目覚めに暖かい烏龍茶を淹れよう。

冷えた体を温めるために、車でホテル棟の温泉へ。

朝食バスケット

6:30〜

ポットに入った野菜たっぷりのスープが体に染みる。地元野菜が買えるスポットを聞いたから、帰りに寄って妙義の自然を持ち帰ろう。

チェックアウト

9:30〜

妙義山の朝焼けを見に、もう一度来ようね、と息子と約束。

天気には恵まれなかったけれど、いくつもの「雨の日特典」は嬉しかった。スタッフの笑顔と配慮に支えられた旅。

妙義物産センターに寄って、軽井沢回りで帰ろう、
アウトレットなら、愛犬のお散歩もできる。昼までに雨もあがれば、ドッグランにも連れて行けるかな。

軽井沢はペットOKのカフェもたくさんあるから安心。

荒天時 運用判断

台風など災害が予測される悪天候時は安全最優先の判断の下、宿泊をお断りする場合がございます。

1) 判定時点
◎ご利用日前日 正午
◎ご利用当日でも気象の変化や災害状況により、急遽 施設を閉鎖する場合がございます。

2) 判断基準
ご利用日が以下に当てはまる場合
◎気象庁により棟施設が台風の暴風警戒区域に入るとの予報が発表された場合
◎気象庁から当該地域への気象警報が発令された場合
◎その他、当施設が運営困難と判断した場合

3) ご連絡方法
閉鎖と判断した場合は、ご予約者様へ電話またはメールなどで速やかにご連絡致します。
ホテル宿泊への変更をご希望の場合は、空き状況をご案内いたします。
⇒※料金や条件など内規設定

4) キャンセル料
◎当施設で閉鎖を判断した場合、キャンセル料は発生しません。
(当施設からお客様への賠償対応は致しません。)
◎当施設による判断前にお客様からキャンセルされた場合は通常のキャンセル料が発生致します。

利用規約
HAVE FUN ON SUNNY DAY
晴れの日の過ごし方
HAVE FUN ON RAINY DAY
雨の日の過ごし方